片麻痺婚活記

50代で脳卒中になり左片麻痺で離婚 中学生の息子と再婚に向けての奮闘記です

フィリピンでお見合い④

翌日日本に帰る最終日朝3時に目が覚めました。昨日までのウキウキ感が嘘のよう。

冷たい隣のベッドに目を移します。

もう一度状況を整理。


彼女は1カ月5万円近いお金が欲しいと言った。

子供が病気になればどこにいても駆け付ける

これは母親だから仕方ない

しかし月5万円渡して頻繁にフィリピンへの帰国費用が出せるか?

出せる訳がない。

子供がいる母親は誰も同じ。

→子供のいないAさんに乗り換えよう!

時刻は4時前ですが結婚会社の方に報告

うつらうつらしながら朝を迎えました。早朝に戻ると言ったSさんは7時になっても現れず。

一人でシャワーを浴び右肩は洗わず終わりました。

今日起きる予定の7時になっても現れず。

会社の方からSさんにはキャンセルを伝えAさんに今日来れるか確認しているとの連絡を受けました。

7時30分ごろドアがノック。

Sさんです。

彼女は自分が泥棒したと言われて驚いている、とちょっと解釈の違う事を言っています。

まぁ、それも似たようなものなんで説明もなく5000ペソ持って行った事を伝えると

文句を言われなかったからOKと思ったと言います。

しかし3000ペソで足りないなら説明欲しいです。

もしこれに味を占めると何度でも言ってくるでしょう。

Sさんにあなたは子どもが大切であり子供に困った事があればお金を必要とする事、私はギリギリまでのお金を渡しているのだからこれ以上は破産してしまう。

何より子供の事を考えれば子供にすぐ会えるフィリピンにいた方が良い等話しました。

彼女は涙ぐんで何度も私に謝ります。

本当に私達は終わりなのか尋ねます。

二日間と言う短い間でしたが凄く気のつく女性でした。しかし、彼女の希望する金額。

小学生の子供が病気になるなんて当然です。

少しはお金渡したいと思います。けれどそれを何度も繰り返したら私のお金が無くなりイライラし、喧嘩の絶えない毎日が容易に想像出来てしまいます。

ここは私達は結婚出来ないと言い

ホテルの部屋を出ました。

Sさんは朝食を食べるか聞いてきましたが食欲もなく特に二人向き合って食事は気まずいので断りました。

業者さんからAさんは連絡付かなかったとメールがありました。最後まで縁がないなぁ。

交わす言葉も少なく私達はロビーで迎えの車が来るのを待ってました。


通訳の方が来て彼女と私から経緯を確認します。お金はハグして了解したと思った。

これからはちゃんと話す。

月の仕送りは少ないから仕事がしたい。

彼女は私が仕事をする事を禁止と思っていた。

そっか。やはりお金事は通訳の方交えて話さないと駄目ですね。

その前に婚約後支払う料金の中に仕送りの話について交渉してくれると書いてありました。先に通訳の人交えて話せば良かった。

通訳の方から結婚やはり辞めますか?と聞かれました。

今からまた相手を決めてフィリピンに来るのも大変です。何よりSさんは甲斐甲斐しく世話をしてくれてこんな女性を見つけるのは難しいと思います。

一瞬、逡巡した後

「やはりお願いします」と答えました。

Sさんの顔がパァっと笑顔変わります。

ゴメンね、ゴメンね。

と、何度も言って来ます。

話す言語が違うからいくら話しても意思の齟齬は起きる。昔妻達とはこれをなあなあにしていたのでわだかまりが残り喧嘩になっていました。

この時点では彼女の本心が単に日本に来たい為か純粋に私好意を持ってくれているか(まあ少ないと思うけど)わかりませんが。

彼女とやり直そうと決めたら急にお腹が空いてきました。

まだ飛行機の時間には余裕があるので朝食バイキングに行って来ます。


また彼女は私の料理を取り分けてくれます。

中華風の肉まんが美味しかった。

メロンも持って来てくれましたが

これはちょっと。

匂いはメロンですが食感は梨。味も薄いです。

冬がないから甘味が少ないって言ってました。

食事を終え、空港まで彼女と最後の時間です。最初肩に回した手は下に降りてTシャツの隙間から腰に触れます。

久しぶりの柔らかな肌感触。

いいなぁ。でも椅子に挟まれているので

少し痛い。残念だけど腰から手を抜いて太ももの付け根近くに手を置きます。

サワサワと触って様子を伺う。彼女は私の手に腕を絡ませるけど拒否はありません。

気分は痴漢ですね。

そのまま鼠蹊部まで指を這わせジーンズのチャックの部分をクリクリ。

彼女は眉を少し顰めます。

昨日お預けくらってしばらく会えないんだからこれくらい当然とかのじょをいじめます。

本当ならジーンズの隙間から手を入れたかったけどさすがに前席からバレるのでやめました。思ったより道が空いているので空港近くの港で休憩。

お高そうなクルーザーがいっぱい。


ここは桁違いの金持ちがいっぱい居るそうです。

港はすんごい汚くて釣りしても食べられないそうです。

車に乗ると彼女は固まっている右手をマッサージしてくれましたがやって欲しいのは左腕。ちょっと向きをかえて空港着くまでマッサージしてもらいました。

空港お別れはあっさり と思ったら業者さんキスシーンを撮りたいと言われ空港前でキスしました。恥ずかしいーーー

空港内には出国者しか入れないため

一人で入場。持ち物チェックが急にあって焦って杖貰う忘れてしまいました。

係の人に言うと直ぐ持って来てくれたんで助かりましたが。

その後も身障者なんで優先させてもらい飛行機手前まで行って待ってました。

すると空港内案内してくれた方が話しかけます。

一人でなにをしにやって来た?女だろう?相手はいくつだ?30?良い選択だ。なぜ歩いて来た?俺がいれば車椅子で簡単に運んでやったぞ まあチップはもらうけどね

と要はお金ちょうだいって事でした。

残りのフィリピンペソは彼女に上げてしまったので財布の中には千円札と硬貨しかありません。千円はチップには高いだろうと五百円やろうとしたら硬貨入らない、札が良いって。

今度フィリピンに来たらフェイスブックに連絡しろと電話番号教えてくれました。

しかし日本に帰って検索したら見つかりませんでした。彼女に調べてもらおう。

その後は特に問題なく空港まで着きました。

しかし最後に問題が!

駅の待合室でまた杖を忘れてしまいました。

時間も遅いためまた成田まで行きました。

やはり自分の部屋のベッドがいいや。

さあ次回は婚約です!

フィリピンでお見合い③

今日はSさんと1日デートです。
朝、一緒にバイキングに行って片手の効かない私に変わって料理を取ってくれました。
嬉しいなぁ。
味はまぁ、悪くも無しってところですか。
食事を終えて時間があるので結婚する意思があるのと結婚式にお金はかけられない事を説明します。
サマサマにかかるお金が100万円近くかかる事を説明しました。
サマサマで結婚式をあげる場合は170万円。経費入れたら軽く200万円超えます。
しかし,これは間違いだったかも。


ろくに歩けない私はショッピングモールに行ってお買い物を楽しんで来る事にしました。
ショッピングモールは日本と大差ありませんね。まあTシャツは安かったですが。
吉野家ありましたがなんというか物足りない。
グリーンティーが甘ったるいのは辛かった。


カニシューマイは見た通り シューマイの中にカニが入っているっていうね。



Sさんの携帯が壊れているので新しい物を買う事に。
フィリピンでは格安スマホなら1万5千円くらいで新品買えました。
結婚ビザ申請の写真を山程撮ってホテルに向かいます。
今日は一日付き合った彼女に3千ペソ渡すように言われました。
また、彼女にマッサージや身体洗う時の注意を教えるように言われました。勿論彼女は今夜泊まりに同意です。ベッド、キングサイズにして良かったぁ。
ホテルに帰ったのは4時ごろ。シャワーを浴びるのはまだ早いです。
すると彼女怒らないでくれ、と前置きして話し始めました。
「私は日本に行ったら幾ら貰えるのか?」と。私は以前結婚相談所の人に話していたように3万円渡す予定だと話しました。
すると彼女は十分ではないと言います。
彼女に以前幾ら貰っていたか聞きました。
9ヶ月間仕事はしていないが今は一週間に三日三千七百円の仕事をしている。
今のままなら4週間続けて四万五千円になる。私は子供「達」にお金を渡したい。
昨日の話だと息子さんは父親が引き取っているとの話でした。娘だけならわかるけど息子にも?それも5万円近いお金を?
今月稼げるか分からない分のお金を毎月?
聞けば子供は大きくなるほどお金がかかるからこれくらい必要だって。
あなたが3カ月頑張って日本語覚えられればもっとたくさん仕送り出来ると言っても足りないの一点張り。じゃあ結婚指輪を買わないならお金を渡せる。
どっちが良い?
そうしたら彼女黙ってしまいました。
お腹が空いたから夕食を食べよう!と言われました。
夕食もそんなに食べず何か考えているようです。
さて、これからワクワクする時間です。
近くのコンビニでお酒でも買って部屋で飲もうと言い近くのドラックストアへ。
お酒が冷えていないのが寂しい。
ビールを一本買って彼女に尋ねると要らないと言います。
まあ、いいやと小さな瓶ビール一本買ってホテルへ。
さて、いよいよです。
軽くビール飲みながら
iPadを自宅のパソコンと繋げてエッチなビデオを彼女に見せます。
1分も見ない間に彼女は席を立つと携帯を触ります。
すると話しがあると言って来ました。
彼女の元夫が育てている息子が腹痛を起こし吐いて母親に会いたがっていると言ってきました。どう思う?と。
言っては悪いけれど、たかが腹痛です。
子供なんだから月に一回くらいは普通に病気になるでしょう。これから日本に行って子供が病気になったらその度にフィリピンに帰るのか?と。
私が不審そうな顔をしていると私は帰りたい。でもお金がないと言います。
ああ、今日は私が3000ペソ払うんだっけ?
とお金の入った封筒を渡すと中から札を取り出し500ペソ札を数えだしました。ちょうど20枚あり半分を机に置くと残りを自分の懐に入れました。
あれ、なんで5000ペソ?と訝しむ暇もなく
彼女は帰宅準備を始めます。
あれ、マッサージは?身体を洗う話は?
と言うと朝早く帰って来てする。
まだ結婚してないからエッチな事は駄目だよ、と言ってハグとキスして帰って行きました。結婚してないからエッチな事は駄目でも私に確認もせずにお金をとっても良いみたい。今日初めて買った携帯でどうして同居していない子どもの病状がわかるかも不思議でしたが。


まずは不貞腐れて寝る事にしました。

フィリピンでお見合い②

お見合いの相手は三人。以前スカイプでお見合いした
小柄なAさん、30歳のSさんともう一人が来る予定でホテルのロビーで待っていると遅れる事15分くらいで車が到着。8人乗りのランクルタイプ。
車高が高いんでちょっと私には乗りづらいです。
さて迎えの車のドア開けると見知らぬ美人が嬉しそうに微笑んで
握手してくれた。え?このひとSさんなの?
気づかなかった。
イブニングドレスにスカーフの華やかな雰囲気に本当に気付きませんでした。
もう一人は見合いには来れないって言った女性。
その後ろの席にはちょっとがっしりした女性が熱心に携帯触ってる。
え!誰?サマサマのお見合い女性にはいない方。
少なくとも面食いの私が選ぶような女性ではない。
でもここは動揺を見せずに話を進める。
小柄なAさんは用事があって後から合流するとか。
ヤバい!お見合いは三人という事でお土産は三つしか用意してありません。
特に後ろで携帯触りまくる女性にあげたくない。
そんな事考えていると車は日本料理のお店に。
部屋は二階だと言う。ドア開けて車から降りようとすると滑って落ちそうになった。
Sさんそんな私を後ろから腕を掴んで支えてくれた。
優しいなぁ。ありがとうございます。
その後も腕を取って店内へ。
もうこの時点で他の女性は入らないやって感じですが
一応お見合いなんで他の女性も室内へ。
あのがっしりした女性は未だに携帯離しません 。失礼な奴。
って思っていたらこの方女性の紹介者でした。
Aさんがお見合いに来れないんで別の女性を必死に探してくれてました。
勘違いしてすみません。
横長テーブルの入口奥側の角に私が座ります。Aさんが向かいに座るかと思ったのですが他の女性二人を私の向かいに座らせAさんは奥の席に向かいます。
ちょっと肩透かしと思っていたらそのままテーブルを一周して私の右隣りの席に座りました。もういかんですね。
気分は奥さんです。それからもビール注いでくれたりサラダ取り分けてくれたり。
ちょっと会話が弾むとボディタッチしてきたり。
こんなに優しくしてくれたの前の嫁さんにもありませんでした。
もう少し歳とってもこのままいけたら介護任せそう。
もう一人のお見合い相手は完全に蚊帳の外。会話もなく黙々と食べるだけ。
ほんと来てもらって申し訳ない。
そうこうするとAさんの話を聞かせてもらいました。
今病院に行っていて10時過ぎに来るそうです。
え!病院?
もう少し聞くと食あたりだとか。
無理して来なくても良いと思ったのですが。
その上後二人新しい女性を呼んだそうです。
もうお腹もいっぱいだし女性もSさんだけで充分なんですけど。
そうこうしたら新しい女性がやって来ました。
一人は普通に美人、ってか可愛いタイプ。
その上日本語も話せます。
以前日本に来た事もあるそうで

この右の子本当に可愛かったです。
結婚会社の方曰く
「すぐに男性から声がかかるタイプ。でも絶対勧めない。」
このタイプはフィリピンパブで働いて金稼いで離婚するタイプだと言ってました。
「じゃあ、そろそろお見合いしますか」
と、言われ私の前に初めて会う女性三人が座り、私の右隣りにSさんが座りますが
Sさん終始無言。正妻と愛人の対決みたい。
怖いよ右向けないよ。漫画で良くある黒いモヤモヤのスクリーントーンのオーラを初めて感じました。
当たり障りのない質問して終了しました。
「じゃあそろそろAさんも来るから場所変えましょうか。
気に入った女性入れば連れて行きましょう。
誰にします?」
誰って…ねえ?
右向いてSさんに来るか聞くとSさん視線も向けず正面を向いたまま当然とばかり無言で頷きました。
他の女性に声なんてかけられず帰りもSさんにエスコートされながら店を出ました。
でもね、50過ぎて片麻痺子持ちの男がこんな美人に想われれば本望ですよ。
この日の食事と女性の交通費払おうとしたら料金に含まれているからいらないと言われました。
明日からの二人のデート代だけ自腹で払って欲しいそうです。
ホテルのロビーで待つ事1時間。時計は10:30になりました。
やっとAさんがもう一人の女性と共に登場です。
やはり小柄ですがいつ見ても美人。胸もパットと言われましたがTシャツの隙間から覗く胸の谷間は確実にD以上です。
古臭い言葉ですがトランジスタグラマーですね。


しかしやはり体調が良くないようで目の下には隈が出来ています。
それでも私の方を見る視線は好感が感じられやっぱりいいなぁ…と思うと右側から負のオーラがジワジワと。(^-^;
私の聞き取りが下手なのかAさんの言葉は理解出来ませんでした。明日の予定を聞くと病院へ行くとのことでやはり縁がなかったんだと思います。
もうひとりの女性は彼女の従姉妹でやはりサマサマに登録されている女性でした。
しかし写真の女性とは別人のよう。私は早見優に似てると思ったんですけどね。
彼女もお子さんいるそうです。
明日は二時間かけて朝食をSさんと取り、デートする予定です、
二時間…ふたりきり…ベッドはキングサイズ…
ふっふっふ。